Cardigan Cardigan!!/鐙西の家

Exif_JPEG_PICTURE

新潟駅から徒歩15分程の郊外型分譲地の一角に建つ、夫婦+子供2人が暮らす住宅である。
前面道路は分譲地内の計画道路であるため通過交通が無く、子供達の遊ぶ声響く豊かな公園のように使われている。
そんな町並みの中、敷地前面に木組みを現しにした大きな屋根を空高い位置に架けた木造2階建ての住宅を計画した。
「大きな屋根」は道路で遊ぶ子供達にとっては強い日射しや、急な通り雨をしのぐ東屋となり、
家の中で寛ぐ家族にとっては強い西日や北西風、そしてプライバシーを調節してくれる優しい傘となる。
また、家の中から見上げる「自分ちの屋根」というものが、18畳のLDKをもっと広く、3畳程の個室をもっと広く、実際の面積を超えてより大きく感じさせてくれている。
一般的には駐車スペースとして完結してしまうことの多い敷地の前面スペースに、
「家と町の関係」をより豊かに、「屋内と屋外の関係」をより有機的に繋げるように
「大きな屋根」を架けることで、町並みを囲い込むことを試みている。
平面計画はシンプルに、1Fに床座りで過ごすLDKを配置し、2Fに個室群を配置した。
極端に薄く作られた2Fの床、大きな屋根下に続く長い廊下、段差や隅っこといった沢山の拠処をつくる事で、
画一的になりがちな家族の距離感を自由に選択出来る余裕を計画している。
冬場の日射を取り込む大きな木製サッシ、1Fの空気を2Fそして天窓までスムーズに届けるスノコ床等、自然エネルギーを有効に活用し、
冷暖房はルームエアコンのみに頼る、大きな屋根に包まれたコンパクトなパッシブハウスが目指されている。

竣工
2015.5
種別
新築
用途
住宅
規模
95.58㎡
構造
木造
所在
新潟県新潟市中央区
構造設計
田中 哲也(田中哲也建築構造計画)
撮影
©村井 勇,東海林 健
PageTop