s house/燕の家

もともとあった大きな庭と母屋。
その脇に新たな大きな屋根を架ける。
大屋根に守られたおおらかな住まいから子供達が庭に飛び出し、生活が庭に溢れ出し、庭が豊かな生活の一部となる。
庭を介した母屋との往来が、より一層に子供達を元気に、そして庭を豊かにする。
慣れ親しんだ母屋があり、豊かな庭がある。
「 ここに作るのは小屋がよい。」

竣工
2013.10
種別
新築
用途
住宅
規模
105.7㎡
構造
木造
所在
新潟県燕市

Related post

関連記事はありません。

PageTop