sakuramori house/横手の家

敷地は豪雪地である秋田県横手市内。 もともと敷地にあった大きな家と納屋を壊し、夫婦2人の目が届くコンパクトな家に建て替える計画。 クライアントから求められた事は、 昔から大切に育ててきた大きな庭を生活に取り込む事と、 豪雪との関わり方を楽にする事。 生活スペースの全てを1Fに配置し2Fは天井の低い大きなロフトとする平屋のような建ち方を提案。 構造は木造在来構造、金物による木質ラーメン構造、木質マンサードトラス構造の適切な使いわけによって、 2m耐雪構造としながら建物南面を全面開口とし、南庭に面して開放性が求められるガレージ、エントランス、リビング、倉庫を並べて配置することを可能にしている。 激しく風雪の当たる北西側には窓を設けず、屋根から滑り落ちた雪と降り積もる雪をためて置く事で雪のバリアを作り生活環境を風雪から守るよう計画している。 また、北西からの風雪により軒先に出来てしまう雪庇の位置を想定し、その下にはメンテナンス用を兼ねたテラスを計画した。 雪の挙動もまた設計の対象とし、更に豪雪を有効に活用しながら、快適な住環境を獲得する事を試みている。 南面に設けられた大きな開口部から差し込む貴重な冬の陽射し、冷たい風雪から生活を守るバリアとなる雪の壁。 三分艶の塗装が施された、大きな一枚天井に映り込む庭の緑や北の青空、朝焼け。 空や太陽そして雪、昔からその地にあたりまえにあった環境を、適切に建物に取り込み活用することで、 雪との関わりを楽にし、そして四季との関わりをより楽しめる、コンパクトなパッシブハウスが目指されている。

竣工
2016.8
種別
新築
用途
住宅
規模
166.6㎡
構造
木造
所在
秋田県横手市
構造設計
田中 哲也(田中哲也建築構造計画)
撮影
佐藤 充
PageTop